3/21(木・祝) RUNUP! DANCE BATTLE 結果


20190321バトルサムネイル


体幹強化でダンス力UP!
体のバランスが良くなるインソール
詳細はこちらをクリック


20190321_RUNUP_BATTLE_受賞者集合

《優勝》
RALPH[POP/東京]
20190321_RUNUP_BATTLE_優勝

《準優勝》
Zyamu[LOCK/東京]
20190321_RUNUP_BATTLE_準優勝

《BEST4》
Yosuke[HIPHOP/埼玉]
20190321_RUNUP_BATTLE_BEST4_1

丈大[POP・ANIMATION/神奈川]
20190321_RUNUP_BATTLE_BEST4_2

《BEST8》
ay∀ne[adr∀ble/HIPHOP/埼玉]
20190321_RUNUP_BATTLE_BEST8_1

どんぱっち[BLACK magic・Gestark/LOCK/東京]
20190321_RUNUP_BATTLE_BEST8_2

NOBU[POP/東京]
20190321_RUNUP_BATTLE_BEST8_3

かな[BLACK magic・Black 卍0/POP/宮城]

《審査員特別賞(タイスケ賞)》
ay∀ne[adr∀ble/HIPHOP/埼玉]
20190321_RUNUP_BATTLE_審査員賞_1

《審査員特別賞(顔面ファンク賞)》
Kumi[FreeD/LOCK/千葉]
20190321_RUNUP_BATTLE_審査員賞_2

《審査員特別賞(NOEMI賞)》
おんざ[BREAK/長野]
20190321_RUNUP_BATTLE_審査員賞_3


《審査員》
NOEMI[JIBJAB/FORPANCAKE]
顔面ファンク[CRESCENDO]
タイスケ[山葉学園〜平成10年開校〜]

【審査員総評】

NOEMI
RUNUP!バトルお疲れ様でした。
決勝戦は、兄弟対決なのかと思うほど相性が抜群で、見ていて戦いの中にピースを感じました。
当日一番楽しかったバトルでした。
ジャムさんのリズム遊びなダンスが良かったですが、後半の曲が難しそうに感じました。
結果、集中しつつも遊び心を持って自分を貫いたラルフさんに手を挙げさせて頂きました。
おめでとうございます。
BEST4、8、16は、ジャッジで割れた部分も多々あったと思うので、諦めず登り詰めて欲しいなと思いました。
予選は、1ジャッジ制、1ムーブだったので「これが決勝戦!」位の気持ちでぶつけていれば結果が変わった人もいるのではと思いました。
全体を通して個人的に印象に残ったダンサーは、ラルフ、ジャム、NOBU、いくら、NAGA、あのん、おんざ、です。
音楽と相手を意識しつつも、リズム、グルーヴ、会話感などが見ていて人間味のある純粋さ、潔さ、面白かったり、驚きがあったりで素敵に見えました。
ファッションが自分に合っていてイケてる人も意識高めで良いなと思いました。
バトルに出るのであれば臆せず「どんな音楽がかかっても目の前の人よりイケてるぞ!」「自分の方がカッコイイぜ!」というような心構えがある人が好きです。
コンテストとバトルは違うので、ダンスバトルを通じて相手との会話の受け渡しがある事も大きなポイントだと思っています。
年齢制限なしのバトルは、遊び心ある大人の人達と戦えるので、キッズは勉強になるし、やり甲斐があると思います。
大人は色んな思いが錯綜してしまう人も居るので、ブレない事が大切だと思っています。
初めてバトルにチャレンジした方もいると思いますが、何回か出ただけで結果が出る方が凄いし、滅多にないと思います(笑)。
私も、沢山出まくっては、負けていますので。
諦めず続けて色々肌で感じていけば、悔しさも嬉しさも何百倍と自分に返ってくきて強くなると思います。
私も挑戦する心を忘れず頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました!

《顔面ファンク》
お疲れ様でした!
初心者向けのフリースタイルバトルということもあって、非常に苦しいバトルがたくさんありました!
ジャッジもかなり割れていたので、その場、その時の音楽、その時のジャッジで、また結果は大きく変わると思うので、序盤で敗退してしまった方もめげずに挑戦していって欲しいと思います。
敗者復活でベスト4まで行った、よーすけくん?(間違えたらごめんなさい)が、良い例だと思います。
序盤で思ったことは、もっと振り切っていいってことですね!
歴が浅い人や、ブランクのある人達は、もっとアグレッシブで行き当たりばったりがちょうどいいです!
変に地に足つけた踊りをすると、その分スキルでの説得力が必要になると僕は思うので、そういう強いメンタリティを磨きましょう(笑)。
トーナメントで個人賞あげた子以外で良かったのは、AYANE、zyamu、ドンパチの相方の子、ささちゃん、NAGA、そして、ルパンさん(笑)ですかね。
他にもたくさんいたんですが、これぐらいにしておきます。
トーナメントでは、同じジャンルでもスタイルの違いが見えて、貫き通すかっこよさが見えてとても良かったです。
その面では、特にzyamuさんですかね!
かなりナチュラルであり、自分に自信持ってる感じが良かったと思います。
あとは今回、先攻後攻、曲の速さを選択できたと思うのですが、そこでの戦略の差が見えて面白かったですね。
あ、有利に働いたなとか、失敗しちゃったとか、色んなバトラーの心の声が聞こえてくるようで面白かったです!
逆にそこで一喜一憂した人は自分のこれからの課題、そしてストロングポイントが見えたと思うのでもっとブラッシュアップしていければいんじゃないかなと思います。
長くなりましたが、予想以上にハイレベルなバトルでした!
全体的にもう少し欲しいなと思ったのは、バイブスがもっと欲しいというか、熱量がもっと欲しいというか、普段、学生バトルをジャッジすることが多いのですが、熱量バイブスが高めのバトルが結構展開されるので、学生の気持ちになれとまでは言いませんが、キッズならキッズなりのパッションだったり、大人だったら大人なりの遊び心やしたたかさを見たかったなと思います。
そんな感じで、まとめられませんでしたが、僕もかなり刺激を受けたので共に頑張って行きましょう!
お疲れ様でした!

《タイスケ》
まずは皆さん、先日のバトルお疲れ様でした。
みんなの体から漲ってくるパッションを間近で味わうことができ、観ててとても楽しかったです!
総評ですが、皆さんはバトルで相手と闘うに当たって、なにを大切にしていますか?
ノリ、音をよく聴く、根本的なスキル、どれも大事だと思います。
僕がその中でもとても大切だと思うのは『目』です。
バトルだけじゃなく言えることですが、ダンスは『目』が死んでいては伝わらないと思っています。
実際に僕が見ていて『目』が死んでるなって思った人は何人もいました。
申し訳ないですが、僕はその人達が踊った踊りは全く伝わって来ませんでした。
優勝したRALPHさんや、準優勝のzyamuさん、その他にもバトルでブチかましてた人は、みんな素晴らしい目をしていました。
楽しむ事を忘れずに、しかし、目の奥はしっかりと相手を見据え闘志に燃えている人、明らかに殺しに行こうとしているような鋭い目で相手を見る人。
色々な人がいて、素晴らしかったです。
ちなみに、僕が敗者復活チケットを渡したYOSUKE君は、サイファー中「まだ踊り足りないンスけど」と言うようなオーラを目の奥に感じたので、彼を敗者復活に上げました。
そんなようなダンサーが何人もいた中、中でも小さな身体から溢れるオーラと眼力を持ったAy∀neちゃんを、僕は個人賞に選びました。
目が死んでいると、どうしても自信が無いように見えます。
特にバトルです。
闘うのだからもっと相手を殺しにかかるくらいのつもりでいかないとダメだと思います。
しかしこれは、1人では練習しようにも出来ません。
たくさん場数を踏むことで会得出来るものだと、僕は思います。
なので、日々のスキルアップは欠かさず、尚且つ、たくさんバトルに出たりしてどんどん自分をパワーアップさせて欲しいと思います。
『目』で人を殺せるダンサーになってください!
最後までありがとうございました!


体幹強化でダンス力UP!
体のバランスが良くなるインソール
詳細はこちらをクリック